Pebble Time用の充電スタンドを3Dプリンタで作ってもらった

Pebble Time用充電スタンドの集合写真

こんにちは、ジュン@frapptです。

今回は、Pebble Time用の充電スタンドを、
DMM.comの3Dプリンタサービスで作ってもらいました。

作り方

作り方はいたって簡単。
無料で公開されている3Dのデータをダウンロードして、
3Dプリンタサービスにお願いするだけです。

今回は、以下のサイトで公開されているデータを利用させていただきました。
Pebble Time charging dock by gmenke – Thingiverse

そして、3Dプリンタのサービスを利用して、作って送ってもらいました。
つくりたいもの、ほしいもの、ネットから3Dプリント! – DMM.com

実際に届いた充電スタンド

スタンドとケーブルをはめた写真

3Dプリンタで出力したものを、生まれて初めて触ったんですが、
素材がナイロンだからか結構頑丈な作りです。

表面がザラザラしているのは、プリンタで作ったからかな。

自分の好きな色はなので、
本当は赤色が欲しいなぁと思っていたんですが、

Pebble Timeが好きななので、
色相環で赤の反対側にある、緑にしてみました。

充電スタンドにPebbleTimeをはめた正面

ええやん( ´ ▽ ` )

後ろから見たとき

ええやんか!!(*゚▽゚*)

感想

3000円くらいしたけど、
3Dプリンタで出力したものを初めてみた喜びと、
この色合いの良さが際立って、

結構満足してます。
( ´ ▽ ` )

Pebble Timeをお使いの方、
おすすめでっせ!

この記事は するぷろ for iOS.を使って書いてみました。

ふぉろーみー!

この記事を書いた人

じゅん@jun3010me
スクールプランニングノートの公式手帳達人に選ばれた現役高校教師
iPadやEvernoteを活用して仕事の効率化を進めている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です