Aluminum Keyboard Buddy Case for iPad 2を買ってみた

少し前に、GIZMODOなどで話題になったiPad2用ケースです。

ヤフオクに輸入品が出品されていたので、早速落札してみました。

こんな感じのパッケージでした。

特に固有名詞な商品名はついていませんね。

パッケージの裏です。

キーボードを取り出しました。

Bluetooth接続でiPad2と接続し、キーボード内のバッテリーはminiUSB端子から充電します。

iPad2を立てかけた様子です。

気になる使い心地ですが、

うーん、ロジクールから出ている1万円クラスのものと比べると、はやり品質の違いが目立ちます。

キーボードは基本的にぐにゃぐにゃ。

デザイン的に打ちやすいものの、たまにEnterキーが戻らないことも(´;ω;`)

ノートパソコンからキーボードを取ったのがタブレット端末という認識ですが、

やはりBluetoothキーボードを時には使いたいなと思うものです。

しかし、どのBluetoothキーボードにも言えることかもしれませんが、

スマートカバー対応本体カバーを外さないと立てかけることができないので、

ガシガシとキーを打つ必要がない時は必要ありませんね。

仕様用途が十分に考えられる人であれば、5000円くらいで買えるこのキーボードは立派な選択肢だと思います。

が、キーボードにかなりの拘りを持っている人は、よく考えた方が良さそうです。

でもこのキーボード、海外製なので英語配列ですよ!

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール