愛車フィットのポジションランプ(車幅灯)をLEDに交換した

ポジションランプの交換前と交換後の比較写真

先日、職場の先輩に、「あれ、ジュンさんの車のポジションランプ、片方切れてるよ?」と言われました。どうもこんにちは、ポジションランプ(車幅灯)を切らしたまま結構な距離を走ってしまった、

ジュン@jun3010meです。

今回は、自分で交換しましたよ。久々にエンジンルームを開けました。

今回購入したポジションランプ

購入したポジションランプのパッケージ写真

今回購入したのは、このLEDタイプです。

カー用品ショップにはそれこそめちゃくちゃ種類があるんですが、まぁ聞いたことのがるメーカーが良いなと思って、PHILIPS製にしました。

Amazonのレビューもそこそこ評価が高いです。もっと安い商品はあるんですが、LEDがむき出しになっていないところが決め手でした。

レッツ交換!

フィットのエンジンルームのポジションライトの位置

エンジンルームを開けた中の、丁度ライトの裏側に位置する部分に、配線が見えます。ここにポジションランプが差し込まれているんです。

その部分を左に回して取り出します。一度も交換したことないと、結構な力が必要です。

取り出したポジションランプの写真

これが実際に取り出してみたポジションランプです。LEDではないので、まんま「電球」だなっていう感じです。

LEDと従来のランプとの比較
購入したLEDと、今まで使っていたものを手のひらで並べてみました。

ランプをトリミングした写真

あー、こうして画像を拡大してよく見てみると、中の線が切れていることが肉眼でも確認できますね。これじゃ光らんわ。

LEDをソケットに挿した写真

はい。LEDをソケットに挿して、光らせてみました。おう。結構な光量で光ってますね。

こっちの交換前と比較しても、
交換前の光

色が全然違いますね。

交換後の光の写真

ほいっ。こっちが交換後の写真です。眩しいわけじゃないですが、真っ白な光が綺麗です。

写真を撮った後で、両方とも交換したので、次交換するのは何年後かな?

感想

ポジションランプの交換って、結構簡単でした。ドライバも不要です。

みなさんも工賃を取られるくらいなら、自分で交換してみたらいかがですか?
ヽ(=´▽`=)ノ

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします