Google Nest HubのセットアップにAndroid端末とWIFI設定の見直しが必要だった話

あぁ・・・終わった。やっとセットアップが終わりましたよ。

2019年6月15日の9時頃に、何日か前に発売したばかりのGoogle Nest Hubが届きました。

きっかけは、ごりゅごさんに「Google Homeに向かって話しかけると、Google スプレットシートにタイムスタンプと内容を記録できるんだ」という話を聞いたこと。AmazonEchoで同じことをやろうとするとスキルを自作したりと大変苦労する。つまり、何時に何をしたのかを話しかけるだけで記録してくれるという音声メモ機として使えるわけですよ。僕にとっては購入理由としては十分過ぎて、即購入を決意しました。

よめ

アレクサが3台あるのに、また増えた・・・

でもね、このGoogleスマートデイバスたちのセットアップに悪戦苦闘するなんて、その時は知らなかったのですよ。

相互に通信できないネットワークに接続されている可能性があります

ワクワクしながら電源を入れ、「おお!喋った喋った!」と無邪気に喜んでいたのも束の間。iPhoneと同じWIFIに接続する最終段階でエラーが表示されました。

「○○はセットアップされているようですが、iPhoneからの通信に応答しませんでした。Google Nest HubとiPhoneが、相互に通信できないネットワークに接続されている可能性があります。場合によってはWi-Fi設定に若干の変更が必要になります。」

んん?なんでだ?同じWIFIで、5Ghz帯に統一しているはずなのに、エラーで止まってしまう。

スマートデバイスをWIFIに接続する時のトラブルって、大抵はこの3つだと思うんですよ。

セットアップがうまくいかない主な原因

  • WIFIルータとの距離が離れていて電波が不安定
  • WIFIルータの動作が不安定
  • スマホと違うSSIDのWIFIに繋ごうとしている

この3つくらいなら、割と簡単に解決できます。ルータの近くでセットアップする、ルータを再起動する、スマホと同じSSIDを接続先に設定する。この3つでバッチリ解決できます。

しかし、それ以外の要素が悪さして、セットアップを阻んでいたんですよ。

ASUS RT-AC68Uの設定を見直した

僕が使っているWIFIルータはASUS製です。RT-AC68Uという少し前の型番のものですが、まだまだ現役です。

ただ、Googleスマートデバイスを接続しようとなると、WIFIの設定を見直す必要がありました。

というかGoogleのデバイス自体が扱いづらい代物なのか、ルーターメーカーが手を焼くことも過去にはあったようです。

で、僕もこれを機にルータのファームウェアを最新バージョンにアップデートしたんですが、まだ繋がらない。更に調べて見ると、ASUS製ルータ独自の設定方法がChromecast Helpフォーラムに書かれていました。

Thanks for posting in the Forum. Could you try a few things that might help you:
Enable: Universal Plug and Play (UPnP), multicast, Internet Group Management Protocol (IGMP)

Disable: AP/client isolation, virtual private networks (VPNs), proxy servers, IGMP Proxy
Could you check other router settings here too see whether it helps to solve your issue?

https://support.google.com/chromecast/forum/AAAAt7PFQG4QX1Q8naLmSI/?hl=en&gpf=d/topic/chromecast/QX1Q8naLmSI

よしこれか。ともかくこれと同じようにしよう。

今回変更した設定項目

  • ワイヤレス→詳細
    • APを隔離しますか→いいえ
    • IGMPスヌーピング→有効
    • エアタイムフェアネス→無効

設定項目その2

  • LAN→IPTV
    • マルチキャスト経路(IGMP Proxy)→無効
    • IGMPスヌーピング→無効

他のルータでは「プライバシーセパレータ」を無効にすることで解決

今回遭遇したこのエラーは、WIFIで接続した機器同士が通信することを許可する設定にしていないことが原因のほとんどでした。セキュリティのレベルを高く保つために、WIFIで接続したノートパソコンの共有フォルダにアクセス出来ないようにするための設定です。

ASUS製以外のルータでは、AP隔離のことを「APアイソレーション」や「プライバシーセパレータ」と呼ばれているので、WIFIの設定項目からこれらの名前を探して、無効にすることで接続することが出来るようになります。

iPhoneではなくAndroid端末から設定した

実は、今回のこのトラブル、ルータの設定を変更してめでたしめでたし♪では終わりませんでした。そこからどうしてもGoogle Nest Hubが接続できなかったんです。それどころか一緒に買ったGoogle Home miniも。

これはiPhoneでセットアップしようと思ったのが原因なんじゃ?と思ったので、iPadにGoogle Homeアプリをインストールしてセットアップをしようと試みたんですが、

あっけなく失敗しました。もうわけがわからん。もうこれは、Googleデバイスたちを返品するしかないか?それともいっその事Google WIFIを買えってことか?

そう思いながら、もしかして!と思って所持している唯一のAndroid端末moto g4を使ってセットアップしてみると、

呆気なく繋がりました。もう今までの苦労が嘘のよう。ルータの設定をバックアップして工場出荷時にリストアして、その状態でも繋がらなくて。貴重な土曜日をまる1日潰しました。

まとめ

今回経験した、Google製のスマートデバイスのセットアップ時のトラブル解消法は次の通りです。

こんな悩みを抱えていませんか?

  • WIFIルータの近くでセットアップする
  • WIFIルータの設定を見直して再起動
  • それでもダメならAndroid端末からセットアップする

これ最後の項目、iPhoneしか持っていない人は絶望的だよなぁ・・・。

iPhoneやiPadからNest Hubの設定が出来なかったの、僕だけですか?

今Google Nest Hubを購入するとGoogle Home miniが480円

発売日が平日だったので、仕事帰りにどこか家電量販店にでも寄って買ってから帰ろうって考えていました。すると、Google StoreでNest HubとGoogle Home miniをセットで購入すると、合計金額から6000円引きされるという情報が入ってきました。これはつまりGoogle Home miniが480円で購入できるということ。

これはもう買うっきゃねぇ!とも思ったのでした。

※Google Storeで購入した後で、ビックカメラで同じセットを購入すると14000円で済むことが判明しました。とほほ。

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール