形が微妙に変わった!HanyeTech製の非公式Lightningケーブルを買った

HanyeTechのケーブル全体像

こんにちは、ジュン@jun3010meです。

今回は、HanyeTech製の非公式Lightningケーブルの形状が変わっていたので、試しに買ってみました。

※HanyeTech製のケーブルは、Appleの認証を通っていないものです。
このケーブルを使用してiPhoneが壊れても保証されません。

コネクタ部分のアップ写真

それでは、どんな感じになったのか、アップ写真で確認していきましょう。

USB端子のアップ

こちらがUSB端子のアップ写真です。

指でつまみやすく、凹んでいる部分がありますね。

Lightning端子のアップ

こっちがLightning端子のアップ写真です。

こちらも指でつまみやすくなっています。
ただ、Lightning端子の金属が、やや汚れている感じ。

新品なのに(´・ω・`)

純正ケーブルとの比較

純正ケーブルとHanyeTechケーブルの比較

左がHanyeTech製、右がAppleの純正ケーブルです。

純正も結構使い込んでいるので、黄ばんで来てますね。

ケーブルの寿命

見た目の違いはこんな感じですが、最も重要なのは、ケーブルの寿命です。

非公式のLightningケーブルは数百円で購入できるので安上がりですが、
寿命が極端に短い場合があります。

ひょっとしたら、買ったばっかりなのに断線するかもしれません。

Deffのアルミバンパー装着時も使えた!

アルミバンパー装着時にケーブルを挿した
僕のiPhone5sはDeff製のアルミバンパーを付けています。

今回のHanyeTech製ケーブルでも、アルミバンパーを装着したまま付けることができました。

もっと太い端子だと挿せない場合があるんですが、無事に使えて良かったです。

Amazonで300円切ってる!

今のところ、Amazonでは1本が300円切っている状態です。

僕は今回、2本買いました。
(`・ω・´)

価格的にもまとめ買いし易いと思います。
気になる方はチェックしてみてください
ヽ(=´▽`=)ノ

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします