iOS11のDockにある「最近使用したAppを表示」は、ホーム画面のアプリを移動するのに超使える

Macbookを手放し、モバイルガジェットがiPhoneとiPad Proのみになりました。

iPadを、PCくらいに使えるものにしたい。そしてそれを実現するのはアプリ!

というわけで、最近は、色々とアプリを試したりしているわけです。

ただ、そこで気になってくるのは、「アプリはどんどんとインストールをしていくと、アイコンがホーム画面の後ろへ後ろへと溜まっていく」ということ。つまり、最近インストールしたアプリというものは、移動しない限り常にホーム画面の最後にあるわけです。で、「これは常用する価値のあるアプリだな」って思ったものをホーム画面の1枚目に近づけたり、めでたくDock入りするなんてことが出てくるんですよね。

僕がiPadで色々とアプリを試してみて、もし「これはめっちゃ使えるアプリじゃん」なんて思るものが出てきたり、使用頻度が高いアプリが登場すると、大抵はホームの1枚目に移動させます。その方がアプリを利用するの手間がかかりませんから。

でも、アプリのアイコンを最後のページから最初のページまで移動するのって、意外と大変なんですよね。ずっと指で触っていないと移動できないし・・・。

なので、こうしてみました。


Dockを介してアプリを移動

このGIF画像の通りです。

1、移動したいアプリを一度起動する

2、すぐにホーム画面に戻る

3、移動したい画面まで移動する

4、最近使用したアプリ欄からアイコンを運ぶ

ね?こうすれば、ずっと端っこにアプリを寄せなくても、楽にアプリのアイコンを移動できるんですよ。

感想

結構地味に手間だったアプリのアイコン移動の作業。これで少しは手間を軽減できたかなって思います。

この作業が今まで面倒だと考えていた人は、是非試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で