iPad Pro 11インチ 2020の為にポチったフィルムとかスタンドとか

Podcastでも話しましたが、2020年3月25日発売のiPad Pro 11インチ 2020年モデルを購入しました。

それに伴って、フィルムやらスタンドやらを新調せねばなりません(使命感

ので、今回は新しいiPadの購入と同時にポチったものを紹介します。

ASDEC製アンチグレアフィルム

これはもう個人的に絶対外せません。ASDECというメーカーのノングレア画面保護フィルム3に分類されているフィルムです。

蛍光灯などの映り込みを無くしたいと思いながら探していたところこれに行き着きました。もうパワーサポート製のアンチグレアフィルムですら、生ぬるいです。

これはガラスフィルムを貼ったiPhone。これと比べてもらおうと思って貼りました。部屋の明かりがくっきりハッキリ反射しています。

このフィルムは本当にすごい。光を徹底的に乱反射させて、蛍光灯の輪郭すらぼかしてくれます。

僕がこのフィルムを初めて購入した時のレビューは、こちらです。第2世代iPad Pro 12.9を購入したときのものです。

MOFT X

ごりゅごCastを聞いていた時から気になっていたiPad本体に貼り付けるタイプのスタンド「MOFT X」。

11インチを買う前から欲しいなってずっと思っていたんですが、新型iPadが出るまで我慢していました。今回の本体注文に合わせて真っ先にポチった商品です。

両面テープみたいな吸着面を本体に貼り付けて使うんですが、iPad Proの薄さを台無しにすることなく使うことができます。

スタンドを一緒に持ち運ばなくてもiPadが自立してくれるのがまじで便利。

特に良いなと思うのが縦にも置けるということ。文章を書くときは縦向きがいいよね。あとWebを読む時とかにも向いています。

MOFT Xは車載もできる

MOFT Xは中に金属が入っているので、磁石にくっつきます。

ので、貼り付けたい場所にこうしたマグネットを貼っておくと、くっつくわけです。

僕の愛車フィットのナビ付近には、既にiPadを取り付けるためのマグネットを取り付けてあるので、そのまま使えました。

12.9インチから11インチになったものの、大画面のナビとしてこれからも活躍してくれます。

ちなみにこのマグネットを取り付けた時の記事はこちらです。

フィルムと背面保護は必須

この写真は、iPadをまだ開封する前の状態の頃のものです。ASDECのフィルムがAmazonで売り切れてしまったので、他のサイトで注文したものの、そこからの発送に使われたのが普通郵便だったためにずっとこの状態で使っていました。

ほんと災難でした。仕方なく他のサイトで購入したら、その数分後にはAmazonの在庫が復活してるし。タイミングが良かったらMOFTと一緒にフィルムも届いたはずなのに。

iPadを使うとなると、僕は最低限、フィルムを貼ります。ケースも欲しいと考えています。ただし、ケースなしの裸の状態でiPadを使うと、その度に「おお、これが本来の軽さと薄さか」って感動するんですよ。

なので今回は、本体の薄さをそのまま活かせそうなMOFT Xを貼ることにしました。まぁ、裏面のほとんどはこいつが守ってくれるかな?と期待して。

横から落ちた時は・・・、まぁApple Care+の出番かな。

何度も書きますが、アンチグレアフィルムの性能は、ASDECがまじでおすすめです。本当にiPadをどんどん使おうっていう意欲が湧いてきます。

この記事を書いた人

魚住 惇

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール