タスクを通知する時間をiPadで効率よく設定する方法

先日参加したTak.さんのアウトライナーのセミナーで話題になっていたタスク管理、特に「今あるタスク管理ツールはGTDに則って動くように設計されている」という言葉が今も耳に残っています。

僕自身、GTDはinboxという考え方は良いなぁと思ったものの、あそこまで大それたフローチャートは肌に合わず、チェックリストさえあれば良いよなという結論に達していました。

iOS標準のリマインダーでええやん

大それたタスク管理アプリの使い方に困ったり、ツールに使われるくらいなら、iOS標準のリマインダーでええやんってなったんですよ。

iPhoneなら最初から入っているし、ファミリーで共有できる。

そして標準アプリなのでSplitViewなどのiPadの機能にちゃんと対応している。何も考えずに使うならこれですわ。

日時設定が超やりにくい問題

ただし、個人的に問題だと思っているのが、この「日時設定が設定しづらい問題」というもの。

僕の生活では、カレンダーを見ながら「この日のこれをやろう」と決めるんですよ。というかほとんどの人はそうじゃないですかね。

予定を入れるような感覚で、この日までにブログを書くぞ!みたいな。

でもリマインダーの画面を全画面で表示させていると、カレンダーが見られないじゃないですか。タスクの実行日を設定するにしても、その日にどんな予定があるか見ながら決めたいですよね。リマインダーを見ながらだと、その日にどんな予定があるのかを記憶に頼るしかありません。

そりゃ見積もりが甘くて事故りますわ。

iPadのSplitViewでカレンダーにポイする

となれば、そう、僕が以前から語っていた、これを使うと良いんですよ。

カレンダーアプリにタスクをドラッグ&ドロップしたら、その時間に通知してくれるようになるっていう設定。まるで付箋にタスクを書いて、カレンダーに貼っていく感じ。これがたまらなく良いんですよ。

ただ、アプリによって動きが異なるので、自分が使いやすい組み合わせを見つけるために、ドラッグ&ドロップの挙動を確かめてみました。 使用したアプリは、iOS標準カレンダーアプリとFantastical2です。

リマインダー→カレンダー

試しにリマインダーからカレンダーに項目をポイっと持っていくと、

新規イベント作成画面が出ました。

カレンダーは予定を管理するためのアプリ、つまり、そこにポイっともっていったものは、予定名として受け取られ、新規イベントの作成画面が出るわけですね。

予定って、言ってしまえば開始時間が決まっているタスクなので、タスクを予定化したい人はこのやり方が良いと思います。

それと、カレンダーを後で見返した時に、「あ、この時間にはこれをやっていたんだ」と視覚的にタスクの実行履歴を把握できるのも良い点です。

ただ、感覚的な話をさせてもらうと、カレンダーの通知をiPhoneやApple Watchで受け取っても、リマインダーには項目が残っているので、カレンダーとは別にリマインダーの項目を実行済みにする必要があります。ちょっと手間だと僕は個人的に思います。

僕はどちらかというと、終わったタスクはリマインダー上でポチっとやりたいんですよ。予定だと通知を受け取るだけなので、なんだかなって感じです。

リマインダー→Fantastical2

僕は一時期このやりかたが好きで、はまっていました。

リマインダーに思いついたタスクをどんどん追加していき、ある程度貯まってきたら、そのタスクをいつ実行するのかを決めていく方法です。それを実現するために、Fantastical2とリマインダーの組み合わせが結構良かったんです。

しかし、リマインダーの項目をFantastical2にポイっとやると、Fantastical2上では新規リマインドの作成という扱いで認識します。結果として、リマインダーに同じ名前で日時設定がされたタスクが追加されます。確かに便利っちゃ便利なんだけど、二重に登録されるのがちょっと嫌だなぁと感じます。

解決策としては、ドラッグ&ドロップでポイっと運んだ後に、前からあるタスクを実行済みにして、重複内容を一覧から消すことです。

日時指定してあるタスクとしていないタスクがあって、日時指定してあるものが、ドラッグ&ドロップによって作成された新たなタスクのはず。なので、日付が入っていないタスクをポチッと実行済みにしておくことで重複を防ぎます。

OmniOutliner→Fantastical2(現在の最適解)

リマインダーに登録されたタスクをFantastical2に登録しようとするから、重複が起こる。つまり、リマインダーに登録されていないタスクを追加するためにFantastical2にドラッグ&ドロップすれば、重複を防ぐことができますよ。

考え事をOmniOutlinerなどの他のアプリでやって、「あ、これはタスクだな」と思ったものをFantastical2にポイっともっていき、リマインダーに登録する。僕の中でのマイブームです。

Fantastical2なら、ドラッグ&ドロップでもってきたものを、予定としてもリマインダーとしても登録出来ます。iOS標準のカレンダーではできない機能です。僕はむしろこの機能のためだけにFantastical2を使っていると言い切っても過言ではありません。

これがやりたかったんですわ。

GoodTask3も良い

少し余談ですけど、リマインダーを管理するためだけに特化したGoodTask3というアプリも結構おすすめです。このアプリを一言で言うと、「カレンダーでリマインダーを管理するためのアプリ」です。

Fantastical2でリマインダーが登録できると知っていたら、買わなかったな(ボソッ

上記記事にも書きましたけど、リマインダーを登録する時のUIが結構優秀なので、リマインダー互換アプリとしてはめちゃ完成度が高いです。

まとめ

僕の現在の最適解は、OmniOutliner→リマインダーです。今後変わる可能性も十分にありえますが、今はこれに落ち着いています。

みなさんも、自分にとってやりやすいタスク管理方法を見つけてみてください。

Fantastical 2 for iPhone
600円
(2019.03.14時点)
posted with ポチレバ
OmniOutliner 3
無料
(2019.03.14時点)
posted with ポチレバ
GoodTask 3
無料
(2019.03.14時点)
posted with ポチレバ

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。