第6世代iPad Wi-Fi+Cellularモデル 128GBを実質7920円で購入しました

嫁が以前から欲しがっていたiPad、第6世代が発売したので購入してみました。


キャリアはau

そう。今回購入したのはau版のセルラーモデルです。容量は32GBか128GBの二択だったので、128GBにしました。

嫁は僕と正反対の節約家なので、大は小を兼ねるのだということを説得することに15分ほど要しました。

セルラーモデルだったのでモデルは「MRM22 J/A」で、型番は「A1954」でした。

裏面の上部分にはセルラーモデル特有の白い部分がありますね。

実質負担金 7920円

これまでiPadはSIMフリー版を購入しようと心に決めていたんですが、今回はiPhoneを契約しているauからiPadを買ってみようと考えていました。

理由は、購入価格と料金プランです。

今回購入する際に提示された料金シミュレータの結果です。

iPad本体の販売価格は73800円

auでんきに加入することで5400円引き

今iPhoneを使っている人がiPadを購入すると「ぐっとiPadおトク割」が効くので16200円引き

毎月割が1080円x36ヶ月で38880円引き

これらを考えると7920円で買えるということになるんですよ。

正確に言うと新規契約で3000円かかるのと、

タブレットプランdsという月2000円のプランを含めるので、「8000円でiPadが買えます」とか言うと厳密には違ってくるわけなんですが、それでもお得かなと思ったので買っちゃいました。

iPad Proとの比較

上の画像は第6世代iPadの画面です。やっぱり液晶の表示されている部分と、タッチパネルとの差が気になります。

ちなみに、iPad Proだと、こうなります。

ね、ほとんど差がないでしょ?画面上でペンで書くならやっぱりこっち。

これがProとの差で一番気になる点でした。まぁでもタッチペンをそこまで使わないなら、何かあったらペンを購入するっていう気分で、iPad入門編として購入するなら全然気にならないとは思いますがね。

フィルムはアスデック製アンチグレアを貼った

フィルムを貼らないとタッチパネルに指も触れたくない病の僕が今回貼ったのは、iPad Proにも貼ったアスデック製アンチグレアフィルムです。

一応今回の第6世代iPad発売に合わせて、「対応してますよ!」っていうシールが貼られています。サイズ一緒だと思うけどね。

これがまた貼るのが難しい。特に位置合わせ。

格闘すること20分。良い感じに貼れました。

感想

今回購入したiPadは入門編というか、嫁専用機として購入しました。

僕は使いません。

ApplePencilを試しにペアリングして、嫁に文字を書いてもらいましたが、「このペンもくれるの!?」という言葉には断固拒否しました。1万円くらいするし。仕事で使うし。

これで嫁の漫画動画生活に拍車がかかることでしょう。

でもほんと貼ったアンチグレアフィルムはおススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で