iPadOS14でライブ変換中のショートカットキーバグが修正されていた

いよいよiOS14、iPadOS14、WatchOS7へのアップデートが2020年9月17日から始まりました。

実はiPadOS14はPublicBetaから試していたんですが、入れ始めてからすぐに気づいたことがありました。

やっと話せます。このバグ修正。

ライブ変換中の半角英数一発変換

Ctrl + Jひらがな
Ctrl + Kカタカナ
Ctrl + L全角英数
Ctrl + ;半角カナ
Ctrl + ‘半角英数←対応した!!
ESC未変換

これ、これですよ。英語配列のキーボードを使った際の、入力した文字列を一発で半角英数に変換するための「Ctrl+’」が、iPadOS13の頃は何故か反応できませんでした。

困った末に発見したOptionキーとの組み合わせも、やっぱりちょっと指の運びが辛いところでした。

Option + a半角カタカナ
Option + s半角英数
Option + z全角ひらがな
Option + x全角カタカナ
Option + c全角英数

でももう、一発で変換できるもんね。あー良かった🥰

これでHHKB+iPadでの入力作業が、ますますストレスフリーになると思います。

この記事を書いた人

魚住 惇

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール