iPhone XSにDeffのアルミバンパーとリングストラップを装着した

iPhone5の頃から、僕はずっとアルミバンパーをiPhoneに付けてきました。

今でも思い出します。iPhone5に木目調のシールを貼って、アルミバンパーで装飾したあの姿。

Wrapple for iPhone 5 【ローズウッド】とDeff CLEAVE ALUMINUM BUMPER (フレアレッド)の相性が最高すぎる – さおとめらいふ
今でこそiPhoneは防水なので、ウッドステッカーなどはお風呂でiPhoneを使うことを考えると貼ることができませんが、本当に当時は気に入って使っていたんです。

周囲からも「それiPhone?」と聞かれるほど、iPhoneっぽくなく、それがたまらないほど良かったんです。

しかしiPhone6以降はPlusの大きさを使ってきたので、アルミバンパーを付けるだけでかなりの大きさに感じてしまい、ずっと疎遠になっていました。

でも今手にしているのは、Maxではない方のiPhone XS。つまり、再びアルミバンパーをみてウットリする暮らしが始まるのです。

今回購入したもの

今回購入したのは、Deff製のアルミバンパー、落とさないように指を通すリングストラップ、そして背面を守る為の保護フィルムです。

Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X

まず取り付けたのはこいつ。Deff製のiPhone X用のアルミバンパーです。正確に言えばX用であって、XS用としては売ってないんですが、XもXSも厚みや大きさがカメラ部分以外全く同じなので購入しました。

見た目が本当に格好良いです。僕が好きなレッドを購入しました。落ち着いた感じの、良い赤です。ブラックのボディに本当に良く合う。

こちら側の側面が電源・スリープボタンです。ロゴマークとネジ不要の取り付け金具があります。

これがLightningコネクタとスピーカー部分。大雑把に穴が空いています。

これが音量ボタン側の側面。こちらには音量調整ボタンと、下の方にネジ不要の取り付け金具があります。

この金具、従来は六角ネジと六角レンチで取り付けていましたが、最近はこういった取り付け工具が不要な作りのバンパーをDeffは作ってくれるようになりました。

お風呂にiPhoneを持って行く身としては、本当に嬉しい変化です。工具なしで着脱ができるので、入浴前に取り外し、入浴後に取り付けることができるんですから。

それと、従来の六角ネジの場合、使っていると段々とネジが緩んでくることがよくあったんですよね。鞄の中に必ず六角ネジと小さな六角レンチを常備していました。

その気遣いがようやく不要になったんですね。本当に嬉しい。

iPhone XSに取り付けてみました。一回りデカくなりますが、いやぁいいですなぁ。元からこんなiPhoneだったみたいで。

画面の隅を触るような操作の時、例えばiPhone X以降でホーム画面に戻る為の操作の時に、バンパーと干渉するんじゃないかと心配もしたんですが、ほぼ干渉してると思うことなく操作できます。全然許せるレベルです。

じゅん
じゅん

どう?これ。格好いいでしょ。

嫁

重っ!なんでこんなに重くするの?筋肉でも付けたいの?。私は少しでも軽くしたいわ。

女性からしてみたら、確かに重くなるのはあかんですね。男の皆さん、この適度な重量感。そしてアルミだから出せている色、そして艶!たまらんですよ本当に。

ちなみに、このアルミバンパーは、上下の部分が少し分厚くなっています。

理由はこれ。机にiPhoneを置いた時に、カメラ部分が当たらないように、アルミに厚みをもたせているんです。この配慮、嬉しいですね。

エレコム リングストラップ ソフトレザー

アルミバンパーを装着することで、iPhoneが一回りデカくなり、落とす心配が増えました。iPhone XSとDeffのアルミバンパー、絶対に落としたくない。

というわけで、ストラップを購入しました。バンカーリングも考えたんですが、背面がデコボコするのが嫌なので、同じ感じに指を通せるリングストラップにしました。

今回購入したのは、ソフトレザータイプのリングストラップです。

指で強くつまむと、曲がります。この柔らかいのが良いんですよ。この手のストラップでよくある事故が、ポケットの中でディスプレイとぶつかって、ディスプレイに傷ができることなんです。

これだけ柔らかいなら、ディスプレイを傷つけることもありませんし、手にも馴染みます。

アルミバンパーとの相性も抜群です。ん〜〜惚れ惚れする。

で、アルミバンパーにしたために背面を守るために購入したのが、これです。背面用の保護フィルム。

本当は背面保護ガラスでも購入しようかと考えていたんですが、背面を守るために割れやすいガラスを選択するのも、どことなく本末転倒な感じがしました。

なので保護フィルムがいいのかな?という感じに決めました。

ASDEC製なので、貼りづらさはあるものの、仕上がりには定評があります。

貼るとこんな感じ。カメラの位置で合わせると楽に貼れそうなんですが、これがまた意外と難しくて、位置合わせに苦労しました。一度貼ってしまえば、埃取りは結構楽でした。

これで裏面も守れます。

これまで使っていたケースは嫁のiPhone Xへ

じゅん
じゅん

夫婦で同系色だと、なんか統一感があるねぇ♪

嫁

なんか、私まで赤が大好きな人みたい

じゅん
じゅん

(´・ω・`)

今後、どうなるのかな。

個人的には、Deffのアルミバンパーを基調としたこのコーディネートに、めっちゃ満足しています。アルミバンパーが好きな人、赤が好きな人は、参考になさってみてください。