今あるエアコンや照明を手軽にスマート家電化できるIoTリモコン「ここリモ」が結構便利だ

中部電力が2018年8月に発売するスマートリモコン「ここリモ」をモニタープログラムでお借りしたのでレビューします。

よめ

あー!また通販の荷物が届いてる!私に内緒で何買ったの!!!

じゅん
じゅん

誤解だよ!今回は「ここリモ モニタープログラム」のモニターに参加したんだ

ここリモ

公式サイトより引用
公式サイトより引用
よめ

で、これは何をする機械なの?

じゅん
じゅん

これはね、スマホやスマートスピーカーで、部屋の明かりやエアコンを操作できるようにするやつなんだ

よめ

それ普通にリモコン使えば良くない?

じゅん
じゅん

それだけじゃないよ。これを使えば、外からエアコンを操作できるんだ!

よめ

この「ここリモ」という商品は、今のところ公式サイトとAmazonで発売が決まっています。

公式のカテエネウェブ商店で購入すると、2018年8月の今なら価格の半額分のポイントがもらえるので、実質半額で購入できます。

Amazonでは2018年8月13日入荷の予定です。

今回は2台お借りすることができたので、とりあえず1台目はパソコンを使っている部屋に設置してみました。

開封

パッケージ
パッケージ

箱の中身は本体とマイクロUSBケーブル、それと簡易説明書です。

中身を取り出した
中身を取り出した

ここリモ本体の大きさは大体これくらい。PS4のコントローラ

比べてみました。

結構小さい
結構小さい

マイクロUSBケーブルを挿す部分に、リセットボタン兼WIFI接続時に使うWPSボタンがあります。

裏面
裏面

反対側には状態を表すLEDが光っています。

表面
表面

USBケーブルは付属していますが、ACアダプタが付属していませんでした。USB端子で充電できる場所がある人はそこを利用するといいんですが、必要な方は別途購入する必要があります。

初期設定

まずは、スマホにアプリをインストールして、ユーザー登録をしておきます。登録にはメールアドレスが必要です。

ここリモ

無料
(2018.07.26時点)
posted with ポチレバ

アプリのストアで「ここリモ」と検索しても出てきます。

ここリモで検索すると出てくる
ここリモで検索すると出てくる

これが最初の画面。始めて使う場合は説明書に記載されているQRコードを読み取って、ユーザー登録をする必要があります。

ログイン画面
ログイン画面

ユーザー登録用のURLをここにも貼っておきます。

ここリモユーザー登録

確認メールを受信したりするので、しばらくはメールとこのアプリとの行ったり来たりのやり取りが続きます。

ユーザー登録中
ユーザー登録中

ここリモアプリに本体を登録

ユーザー登録が済んだら、アプリにここリモ本体を登録します。登録の流れをざっくり言うと、

  1. ここリモ本体にスマホをWIFI接続する
  2. 家のWIFIのパスワードを入力する
  3. ここリモが家のWIFIに繋がる
  4. スマホも家のWIFIに戻ってここリモを登録する

という感じです。ちなみに、WIFIの電波の規格が2.4GHzと5GHzと2種類あるんですが、ここリモは2.4GHzにしか対応していません。普段スマホで5GHzのアクセスポイントに接続している人は、初期設定の間は2.4GHzのアクセスポイントに接続しておくことをオススメします。

この画面から次にいくと

セットアップ画面
セットアップ画面

まずはここリモがWIFIの電波を飛ばしているので、スマホをそこに接続します。

CEPCOから始まるものを選ぶ
CEPCOから始まるものを選ぶ

スマホがここリモに繋がると、SSIDとパスワードを入力する画面があるので、家のWIFIの情報を入力します。これが終わると、ここリモが家のWIFIに繋がります。

自宅のWIFI情報を入れる
自宅のWIFI情報を入れる
じゅん
じゅん

本体設定時にスマホが自動で5GHzに繋がっちゃう場合は、5GHzのアクセスポイントの設定を一度削除しておくといいよ

正常に接続できたら、ここリモを設置する部屋の名前を入力します。デフォルトの設定だと「リビング」になっています。今回はパソコン部屋に設置したので名前を変更しました。

部屋の名前を変更したいならここで
部屋の名前を変更したいならここで

リモコンを登録

パソコン部屋で使用しているリモコン2つ
パソコン部屋で使用しているリモコン2つ

我が家のパソコン部屋では、エアコンと証明のリモコンを使っているので、今回はこの2つを登録します。

じゅん
じゅん

登録っていっても、メーカーのリストから選ぶだけだから簡単だよ!

リモコンを登録する画面には、照明、テレビ、エアコンが登録されているので、そこから選んでいきます。

リモコン設定画面
リモコン設定画面

結構な数のメーカーが登録されているので、選ぶというよりかは検索した方が早いかもしれません。リモコンに記載されているメーカー名を探して、選択します。

かなり多くのメーカーに対応しているのがわかる
かなり多くのメーカーに対応しているのがわかる

さらにその中から、リモコンのタイプを選びます。これはもうどれだかわからないので、上から順番に試していって、うまく操作できたら「これだ!」っていう感じです。

そのメーカーの中で更にリモコンを選ぶ
そのメーカーの中で更にリモコンを選ぶ

試しに照明のリモコンを登録してみると、これが表示されました。試しにこの電源ボタンをタップすると、

連動した電源ボタン
連動した電源ボタン

あ、ついた!

明るさ100%だから眩しい
明るさ100%だから眩しい

調光などのボタンが登録できなかったものの、オンオフくらいはスマホで操作できるようになりました。

続いてエアコンのリモコンを登録すると、温度の調節や風量、冷房暖房の切り替えのがスマホで出来るようになりました。

設定温度が出ていて分かりやすい
設定温度が出ていて分かりやすい

家の外から操作してみた

試しに部屋の照明を、外から操作してみました。たまたま嫁が部屋にいることがわかっていたので、ちょうど良かった。なぁにちょっとしたイタズラ心ですよ。

スイッチおぉぉん!

よめ

!?

ほ〜れほ〜れ!オンオフオンオフ!!

LINEのやり取り
LINEのやり取り

次回更新はスマートスピーカーとの連携

さて今回は、「ここリモ」アプリにリモコンを登録して、スマホから操作できるように設定しました。

次回はAmazonのスマートスピーカーに登録して、Alexaにエアコンや照明を操作してもらうように設定したいと思います。