LXU-OT2のオペアンプを交換してみた

大須のタケイムセンにて、オペアンプを購入しました。

購入したのは

NJM2732D 150円

MUSES8820D 450円

MUSES8920D 550円

です。

試しに、

RCA側:MUSES8820D ヘッドホン側:MUSES8920D

にしてみると

・・・

・・・・おおお?

無音状態でのノイズが消えた!!!

前回はヘッドホンアンプを通さないようにしてノイズを回避していましたが、

どうやらオペアンプが共振でもしていたのかな?

ただ、音の解像度が下がったような、

MUSESの音は確かに良いんだけど、なんかこう、躍動感がないような、気がする。

ただこれも、エージングでどうにかなるような。

しかし、

RCA側:MUSES8920D

ヘッドホン側:元のオペアンプ

にすると、躍動感は戻るものの、高音が刺さる

うーん・・・(´・ω・`)

そして、結局、両方をMUSESに戻して、良さげな感じになりました。

次はコンデンサを変えてみるか。

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール