MSI Wind u100のHDDをSerialATA300に換装してみた

今回は、HDDを換装してみました。

やっぱりOSを4つも入れると、80GBじゃ足りなくなったので、

GENOで160GB FUJITSU 2.5インチHDD [MHZ2160BH]

(Serial ATA II /5400rpm /8MB) 厚さ9.5mm

を購入しました。

ん?待てよ?

と思った頃には、夢中で注文してしまいました。

そう、今回着目して欲しい部分は、Serial ATA300という点です。

ちなみに、SerialATA300(略すとSATA300)は、SerialATA?とも言われてます。

まとめサイトでは、エラッタが原因で認識しない。という話でした。

それをちゃんと調べて把握したのは注文した後。

もう、認識しなかったら、中古で売るか・・・という気持ちでした。

結果はというと、

普通に認識しました。

その後、Ubuntuを起動し、Gpartedを起動したところ、

ほら、ちゃんと認識しています。容量が増えています。

これでUbuntuを入れたまま、FedoraCoreも入るや?

ただ、他のHDDでも同じように認識するかはわからないです。

ふぉろーみー!

この記事を書いた人

じゅん@jun3010me
スクールプランニングノートの公式手帳達人に選ばれた現役高校教師
iPadやEvernoteを活用して仕事の効率化を進めている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です