Nintendo Switchに貼るべきフィルムはアンチグレアだ

先日、妻のゆかさんがイオンのNintendo Switchの抽選販売に当選したというので、慌ててAmazonでアンチグレアフィルムをポチりました。

ゆかさんの話によると、近所のイオンのゲーム売り場にはSwitch用のフィルムはいくつか置いてあったものの、光沢だったりブルーライトカット(結局は光沢)といったものしかなく、僕が大好きなアンチグレアのフィルムが一切無かったそうです。

僕としては、ASDECというメーカーのアンチグレアフィルムに出会ってから、iPadには必ずこのフィルムを貼ってきました。

例外としてiPhoneみたいな画面の小さいデバイスはその辺の安いガラスフィルムを貼ったりもしていますが、Nintendo Switchはそこそこ画面が大きいゲーム機です。部屋の明かりが映り込む可能性が多いに考えられます。

というわけで今回は、ASDEC製Nintendo Switch用アンチグレアフィルムの紹介です。

MF-NSW01

見てください。位置合わせのために置いただけなのに、もう映り込みの軽減具合が確認できます。

これですよこれ。部屋の電気の形すら乱反射して、目に優しくしてくれるフィルム。これが良いんですよ。

位置合わせが済んだら、付属の布やらステッカーやらで埃を除去しつつ、

えいや!っと貼るだけです。Switch本体の開封も貼る寸前まで我慢したのであっという間に貼れました。

実際の写り込み具合

貼った後の状態で本体に電源を入れて、わざと光源を画面内に映り込ませてみました。

やっぱり良いですわ。これが光沢フィルムだと、電気の形がそのまま分かるくらいに映り込んで、目が痛くなるんですよ。

僕の目ではそれが耐えられませんでした。ASDEC最高。

多分普通の家電量販店では、このメーカーのフィルムは売ってないんだろうなと思います。Amazonなら880円。安い。

アンチグレアフィルムのデメリットとして、どうしても光を乱反射する性質上、解像度がそのまま活かせなかったり、画面で白を表示している部分をよーく見ると光の三原色が見えたりもします。が、個人的には多少画質が下がったとしても長時間遊んでも疲れないというメリットを選びました。

普通の光沢フィルムだと目が痛くなって・・・という方は、アンチグレアフィルムを試してみることをおすすめします。

この記事を書いた人

魚住 惇

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール