PT3をSpinelで使うための設定方法

大須の某黄色いショップで手に入れました。

本当に偶然笑

PT2はプチプチのみの梱包だったのに対して、今回は箱に入っております。

PT3の文字、PT2からの変更点の目玉はPCIからPCI Express x1に変更されたことと、

アンテナが内部で分配するように変わった為、アンテナ端子が2つになったこと、

そして、見ての通り半分くらいの大きさになった為、

ロープロファイルにも対応したということ。

これをmini-itxに組み込めば、小さな録画マシンが作れるかもしれませんね。

?ちなみに、予約してあるところからは相変わらず入荷はなし(´・ω・`)

というわけで、早速PT2との共存を考えました。

我が家ではSpinelも導入している為、ほんの少し大変でした。

また、先日アースソフトより64bitドライバが公開された為、

導入してみることにしました。

今回の作業内容は以下の通りです。

PT3ドライバのインストール?2.Spinelの設定変更?3.TVRockの再設定

ここで取り扱ったファイルは、大人の事情でリンクを貼ってないものがあります。各自で用意してください。

1.PT3ドライバのインストール

アースソフトのサイトから、以下のソフトをインストールしておきます。

PT3-Driver-092.exe(デバイスドライバ)

PT3-SDK-093.exe(SDK)

※不具合対策として、FPGA 回路更新ツールを導入し、実行することもおすすめします。

ダウンロードが終わったら、通常通りインストールしてください。

インストールしてもPT3が認識しない場合は、

管理者権限でコマンドプロンプトを実行し、

bcdedit /set TESTSIGNING ONを実行し、ドライバ署名制限を無効化することで使えると思います。

2.Spinelの設定変更

Spinelの現在のバージョンでは、そのままではPT3を認識しません。

以下の通りに設定ファイルを書き換えることで、認識させることが出来ます。

2chの書き込みに感謝です!

書き換えるファイルは、2つです。

Spinel3のフォルダにある

BonDriverMapping.json

DeviceDefinitionsの中にあるEarthSoft.xmlです。

〜2013/02/27追記〜 ☆ここに2つのファイルを置きました

BonDriverMapping.json

EarthSoft.xml

それぞれのファイルをメモ帳で開き、末尾にこんな感じに設定を追加します。

BonDriverMapping.jsonの中身

/* BonDriver_PT3-ST */
{“DeviceName”: “PT3”,
“Mapping”: {
“ISDB_T”: “^BonDriver_PT3-T.?*\\.dll$”,
“ISDB_S”: “^BonDriver_PT3-S.*?\\.dll$”,
}
},

DeviceDefinitionsの中にあるEarthSoft.xmlの中身

<DeviceDefinition DeviceName=”PT3″ DisplayName=”EarthSoft PT3″>
<TunerDefinitions>
<TunerDefinition TunerType=”ISDB_T?Count=2>

<ChannelCategories>?<ChannelCategory>UHF</ChannelCategory><ChannelCategory>CATV</ChannelCategory><ChannelCategory>VHF</ChannelCategory></ChannelCategories></TunerDefinition><TunerDefinition TunerType=”ISDB_S” Count=”2″><ChannelCategories><ChannelCategory>BS</ChannelCategory><ChannelCategory>CS110</ChannelCategory></ChannelCategories></TunerDefinition>?</TunerDefinitions>?</DeviceDefinition>

それと、Spinel3のBonDriverフォルダの中には、PT3のBonDriverを追加する必要があります。

Google検索すると、人柱版3まで存在することがわかります。

今回は、人柱版3を使いました。

Spinel3のBonDriverフォルダの中身はこんな感じになりました。

あとは、TVtestフォルダの中に、

BonDriver_Spinel_PT3-T0.dll
BonDriver_Spinel_PT3-T1.dll
BonDriver_Spinel_PT3-S0.dll
BonDriver_Spinel_PT3-S1.dll
BonDriver_Spinel_PT3-T0.dll.ini
BonDriver_Spinel_PT3-T1.dll.ini
BonDriver_Spinel_PT3-S0.dll.ini
BonDriver_Spinel_PT3-S1.dll.ini

を用意します。

(詳しくは、Spinelの導入方法を紹介しているブログを参照してください)

これで準備万端です。

3.TVRockの再設定

今回は、視聴も録画もRectaskで行う為、チューナー1?8までのアプリ起動オプションを以下の通りにしました。

チューナー1(PT2)
/d BonDriver_Spinel_PT-T0.dll /DID A

チューナー2(PT2)
/d BonDriver_Spinel_PT-T1.dll /DID B

チューナー3(PT3)
/d BonDriver_Spinel_PT3-T0.dll /DID C

チューナー4(PT3)
/d BonDriver_Spinel_PT3-T1.dll /DID D

チューナー5(PT2)
/d BonDriver_Spinel_PT-S0.dll /DID E

チューナー6(PT2)
/d BonDriver_Spinel_PT-S1.dll /DID F

チューナー7(PT3)
/d BonDriver_Spinel_PT3-S0.dll /DID G

チューナー8(PT3)
/d BonDriver_Spinel_PT3-S1.dll /DID H

これで再設定ができると思いますが、まだまだ不具合が解消されたわけではないので、

不安のある方はPT2を使用した方が、安定すると思います。

とりあえずこれでしばらく運用してみようと思います。

この記事を書いた人

魚住 惇

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール