iPadでScratchプログラミングを実現する2つの非公式アプリ

2018年末にScratch3というバージョンがリリースされました。今年である2019年中にはScratch3のiOS版がリリースされると言われていますが、6月10日現在ではまだ公式アプリがストアに登場していません。

今回は、そんな今でもiPadでScratchプログラミングを実現するための非公式アプリを2つ紹介します。

Pyonkee(ピョンキー)

Scratch1.4をベースに移植されたiPadアプリです。Scratchのあの猫のキャラクターではなく、蜂?か何かのキャラクターが出ています。

AppStoreでScratchで検索すれば出てくるので探しやすいかと思います。

ピョンキーの良いところは、ただ移植しただけではなく、iCloud Driveに対応している点です。バージョンさえ合わせれば、iPadで作ったプログラムをPCで開くことができ、逆にPCで作ったプログラムをiPad上で開くことができるようになります。

ただ、バージョンが1.4ベースだというところがネックで、新しいバージョンで追加された命令やブロックなどはありません。小数点以下を切り捨てるっていうブロックが無かったりします。

それでもScratchのブロックが指で触れる感動があり、使いやすいアプリです。

ピョンキー

無料
(2019.06.10時点)
posted with ポチレバ

Scratch Tutor

なんとも言えないほどの怪しい感じの絵です。が、これはScratch3がiOS版として非公式に移植されたアプリです。

家のアイコンをタップして、「+」をタップすると、

なんとScratch3の画面が出てきます。勿論日本語にも対応しています。

保存ボタンが左上にありますが、画面中央のテキストボックスに名前を入れると、その名前で保存されます。

しかしこのアプリは、アプリ内の保存しか対応していません。共有ボタンも用意されているものの、まだ機能が実装されていません。

Scratch Studio

無料
(2019.06.10時点)
posted with ポチレバ

感想:まだピョンキーの方がましかな

1.4のブロックに僕が慣れ親しんだこともあって、まぁピョンキーの方がiCloudに保存もできるし良いかなと現状では思います。

しかし、2つ目に紹介した「Scratch Tutor」というアプリ、AppStoreで表示される名前は「Scratch Stdio」なのに、検索する時には「Scratch Tutor」と入力しないと出てこないのが妙です。tutorialならわかるんですけどね、そこまで入力して検索しても出てこないんですよ。

とはいえ、バージョン3がiPadで動くアプリは、2019年6月現在では、Scratch Tutorしか存在しません。

iPadのローカルだけでサクッとプログラミングするなら良いんですが、データのやりとりができないのがネックです。

この記事を書いた人

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール