SHURE掛けが楽ちん!になるイヤホン用イヤーフックのすゝめ

先日SE215をBluetooth化する際に購入したWestone製のケーブル。音質的にもバッテリー持続時間的にも満足でござぁます。

でも、でもね、不満があったんですよ。


耳に掛けてもすぐ落ちる!

少し首を動かしただけで、耳に掛けているケーブル部分がポロっと取れるんです。もう最悪。形状を記憶しないケーブルなので柔らかい分落ちやすいのは分かってはいたんですが、歩いていると落ちるし、頭を傾けるだけでも外れます。流石にそれはねぇ・・・?

イヤーフックを購入した

ということなので、名古屋大須のeイヤホンで、「イヤーフック」っていうケーブルを耳に掛けるためのシリコンを購入しました。

Amazonでは100円から売られているシリコンガイドですが、今回購入したのは1000円くらいするやつです。

finalというメーカーのイヤーフックです。

eイヤホンでは、700円くらいのものと、このイヤーフックがあったんですが、このfinal製のは試し掛けできるものが用意されていました。eイヤホン流石です。

イヤーフックのパッケージの写真

イヤーフックのパッケージの写真

他のメーカーが出しているイヤーフックよりも小さく、付け心地も良さげ。そんな印象を受けたので、店から出たらその場で開封しました。

だめだ、もう我慢できん。これでケーブルが耳から外れることが無くなるんだ・・・!

SE215+Westoneのケーブルに取り付けた

SE215+Westoneのケーブルに取り付けた

実際に取り付けた写真がこれです。滑らかな曲線の形をしているので、結構掛けやすいです。

しばらく使ってみた感想

流石にジョギングしたら外れてしまいましたが、普通に歩いたり動いたりする時は全然取れませんでした。しかも、イヤホンのケーブルが耳と擦れることで聞こえるノイズも、このイヤーフックを取り付けた途端に聞こえなくなりました。気持ち音質が上がったような気がします。いや、これが本来聴くべき音質なんだなきっと。

1000円ほどするので、他のイヤーフックと比べると少々お高いですが、600円のものを買って失敗するより、1000円のものを買って正解の方が良いでしょ?今回もそんな感じでこれを選んでみました。

うん、悪くない。便利に使えてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で