電車に乗ってる時にSuica入りAppleWatchの電源が切れた!時の対処法

WordFesというWordPressのお祭りに参加した次の日のことです。AppleWatchを充電せずに名古屋に出かけてしまいました。

そして、AppleWatch2で改札を通って、さぁ帰ろう!とした時に、事態に気づきました。

バッテリー残量が残り9%しかなかったのです・・・。

目的駅到着手前でバッテリー切れ

え!どうしよ!何も映らんくなった!!

って思うかもしれませんが、省電力モードに入ったんです。ボタンを押すと現在時刻のみ確認することができます。

ね?時計としては使えるでしょ?

でもね、この画面になったらApple Payが使えなくなってしまうんです。

マジで焦りました。

解決策:充電or駅員さんに相談

AppleWatchは省電力モードに入ったら、Suicaを使うことができません。なので、改札窓口で事情を話して、お金を支払う必要があります。

で、後日充電が十分にあるタイミングで処理をしてもらうんです。

もしくは、AppleWatchに対応したモバイルバッテリーなんかを持っておくのも手でしょう。


感想

移動中に、しかもSuicaを利用中にバッテリーが切れると、まじで焦ります。

でも大丈夫。充電しておくか、改札窓口で事情を話せば意外とどうにかなります。

そうならないように、AppleWatchは普段から充電しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー