Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ を試してみた

ものすごく、今更?な感じがしますが、

買ってみたのでとりあえずレビューすることにしました。

無線LANは11nの5Ghzで接続するようにしたので、そこそこ速かったのですが、

はやりGB単位でのファイルのやり取りに時間がかかっていました。

今回は、それぞれの接続で速度を測ってみました。

ファイル転送に使用したファイル

今回使用したファイルは、ビデオカメラで撮影したmtsファイルを用意しました。

1.02GBです。

このファイルをWHS2011サーバのHDDで共有し、

それぞれをNETGEAR GS108v3に接続したものとします。

そして、MacのFilerで共有フォルダを開き、mtsファイルをMacのデスクトップにコピーした際にかかった時間を計測しました。

結果?WIFI接続

1:25.5→85.5秒

1020MB÷85.5秒=11[MB/秒]88[Mbps]

結果?Thunderbolt-Gigabit接続

1020MB÷16.4秒=62.1[MB/秒]496[Mbps]

恐らく、WHS2011サーバの共有フォルダをRAMやSSDにすると、もっと速度としては上がるでしょう。

が、これならWHS2011サーバでTimeMachineサーバを動かす理由には十分です。

大容量のファイルをやりとりするなら、必須アイテムと言えるでしょう。

2800円という価格も非常に手頃です。

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

jun3010me

jun3010me

スクールプランニングノートの公式アンバサダーと公式手帳達人に選ばれた現役教師。
Happy Hacking Keyboard 公式エバンジェリスト。
好きなものは珈琲とガジェット、特にApple製品。HHKB BT、HHKB Pro2 Type-S 無刻印、HHKB Pro2 無刻印白、カメラはα7m2とRX100M5A、万年筆はPelican スーベレーン M400を愛用中。それと勇者王ガオガイガーが大好き。

詳しいプロフィール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします