Windにタッチパネルを取り付けた!

やっと、やっと念願のタッチパネルです(´;ω;`)

タッチパネルが1枚割れ、もう1枚を取り付けた途端、Windの電源部分から発煙。

結構長かったです。

1枚目はフェイズで買ったのですが、2枚目はサルテックで買いました。

サルテックでタッチパネルを買うと、日本語のマニュアルが付いてきました。

って言っても、既にPDFで公開されているものを翻訳しただけなんですけどね^^;

ちなみに、英語版のマニュアルは、以下よりダウンロードできます。

基本、このマニュアル通りに取り付けました。

あと、補足ですが、タッチパネルを取り付ける際、ディスプレイのカバーの裏側の突起部分を削りました。

それと、コントローラ基盤の収納場所は、totsumiuraさんのブログを参考にして、

この場所にしました。

この場所に収納しようとすると、裏蓋にある突起に当たってしまうので、そこをニッパーで切っちゃいます。

ちなみに、Ubuntu8.04なら、インストールスクリプトを走らせるだけで動作しました。

それは、今度の記事に書きたいと思います。

この記事を書いた人

魚住 惇

高等学校教諭で『教師のiPad仕事術』の著者。 AppleTeacher、スクールプランニングノート公式手帳達人、相棒はHHKB HYBRID Type-S 白無刻印、HHKBケーキの人。コーヒーは生豆から焙煎。Podcast「さおとめおとらいふ」始めました。

詳しいプロフィール