wineでOffice2007をインストール

お待たせしました。やっと記事にまとめることができました。

Ubuntu8.10にwineをインストールして、Office2007を動かす方法です。

1.最新版wineをインストールする

Ubuntuでインストールできるwineのバージョンが古いので、最新版がインストールできるレポジトリを登録します。

[システム]→[システム管理]→[ソフトウェア・ソース]をクリックします。

[サードパーティのソフトウェア]→[追加]をクリックします。

APT lineに

deb http://wine.budgetdedicated.com/apt intrepid main #WineHQ – Ubuntu 8.10 “Intrepid Ibex”

と追加し、[ソースを追加]をクリックします。

WineHQのレポジトリが登録できました。

レポジトリの登録はこれで完了ですが、認証キーをインポートしないと警告が出ます。

以下のリンクを右クリックで保存します。

認証キーをダウンロード

保存した認証キーをインポートします。

[認証]→[鍵ファイルのインポート]をクリックします。

先ほど保存した認証キーを開きます。

これで、認証キーがインポートできました。

[ソフトウェア・ソース]を閉じます。その時に、[再読込]をクリックします。

以上でwineのレポジトリが登録できました。あとは端末からaptでインストールします。

$sudo apt-get install wine

これで最新版wineのインストールが完了しました。

2.Office2007のインストール環境を作成する

[アプリケーション]→[Wine]→[Configure Wine]を開きます。

[アプリケーションの設定]で、既定の設定をWindows Vistaに設定します。

[ライブラリ]でオーバーライドの設定を追加します。

[rpcrt4]を選択し、追加をクリックします。

[編集]をクリックします。

Native (Windows)を選択し、OKをクリックします。

同じようにmsxml3も同じ様に追加します。

[アプリケーション]→[Wine]→[Brouse C:\ Drive]をクリックします。

[windows]→[system32]に移動し、

rpcrt4.dllとmsxml3.dllのファイル名を変更します。

?

以下より、rpcrt4.dllをダウンロードします。

http://www.mediafire.com/?njtut9aswdk?

保存したrpcrt.dllを、[windows]→[system32]に移動させます。

ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install cabextract

wget?www.kegel.com/wine/winetricks

sh winetricks msxml3 dotnet20 gdiplus riched20 riched30 vcrun2005sp1

インストーラが表示されたものは、全てインストールします。

???

これで、インストール環境が整いました。

3.Office2007をインストールする

いよいよインストールです。

ここでは、Office2007のインストールCDが/media/cdrom0にマウントされたという前提で話を進めます。

以下のコマンドを実行します。

$wine /media/cdrom0/setup.exe

すると、Office2007のインストーラが起動します。

日本語が豆腐になっていますが、インストール後は問題ありません。

?インストールは、この辺りで一度止まります。?

[システム]→[システム管理]→[システム・モニタ]を見てみると、

IMJPKLMG.EXEが起動しています。このプロセスを終了させます。

すると、インストールが進みます。

少し経つと、インストールが終了します。

4.インストール後の設定

やったぁぁぁ!?と思うかもしれませんが、まだまだ設定が必要です。

再度[Configure Wine]を開き、設定を元に戻します。

WindowsVistaからWindowsXPに戻します。

rpcrt4.dllをNative 後 Builtinにします。

?お疲れ様でした!これでOffice2007のインストールが完了しました!

早速起動してみましょう。

?

感動の瞬間です。UbuntuでOffice2007が動いています。

しかし、このままでは日本語入力に不具合があると思います。

それはまたの機会にしましょう。

ふぉろーみー!

この記事を書いた人

じゅん@jun3010me
スクールプランニングノートの公式手帳達人に選ばれた現役高校教師
iPadやEvernoteを活用して仕事の効率化を進めている

wineでOffice2007をインストール” に対して1件のコメントがあります。

  1. tkhr より:

    ubuntu8.04で
    記事どおり、行いましたが
    /media/cdrom0/setup.exe
    がでてきません。この場合原因は何でしょうか。

    ただ、ソフトウェアソースはhttp://…… hardy main
    にしました。

  2. admin より:

    >>tkhrさん

    「/media/cdrom0/setup.exe」というのは、Office2007のインストールDVDがマウントされた場所です。
    今回、検証に使ったパソコンでは、DVDドライブが「/media/cdrom0/」にマウントされたというわけです。

    環境によっては「/media/cdrom/setup.exe」だったりします。

    /mediaの中を確認してみてください。

  3. eagle より:

    こんにちは。
    有用な情報をありがとうございます。
    Ubuntu 8.10でやってみたのですが、
    sh winetricks msxml3 dotnet 20 gdiplus riched20 riched30 vcrun2005sp1
    を実行すると、
    winetricks: 2: Syntax error: newline unexpected
    とエラーが出ます。

    どうしたらよいでしょうか?

  4. eagle より:

    自己解決しました。

    ありがとうございました。

  5. eagle より:

    こんばんは。
    今度は.NET Frameworkのインストールが初期化しているところでとまってしまうのですが、どうすればいいですか?

    ご教示お願いします。

  6. eagle より:

    こんばんは。
    今度は.NET Frameworkのインストールで、初期化しているところで止まってしまうのですが、どうすればいいでしょうか?

    ご教示お願いします。

  7. admin より:

    >>eagleさん
    コメントありがとうございます。

    しばらく放っておくのも手だと思いますが、どれだけ待ってもインストールが進まない場合は、インストーラを一度終了させて、再度インストールをしてみるのが良いと思います。

    .NET Frameworkのインストールがうまくいかない。ということは、
    sh winetricks msxml3 dotnet20 gdiplus riched20 riched30 vcrun2005sp1

    のdotnet20の部分で止まってると思いますので、
    初期化中で止まっている時に、コマンドをCtrl+Cで終了させて、
    その後、
    sh winetrick dotnet20
    だけを実行してみてください。

    それでもうまくいかないのであれば、ホームディレクトリにある「.wine」ディレクトリを削除して、もう一度最初からやってみてください。

    僕自身、その部分で止まったことはありませんが、
    .NET Frameworkのインストールが失敗した事があり、その際に試した方法です。

  8. eagle より:

    返信ありがとうございます。

    .wineフォルダを消し、
    sh winetricks dotnet20
    を実行しても、依然止まったままです。

    端末の方を見てみると、fixme:msi:ACTION_CustomAction Rollback only action… rollbacks not supported yet
    というのが何十個も出た後、エラーが2個程出て、そのあとも多少の出力があったところで止まってしまいます。

    ちなみに、.NET Frameworkのインストールはどの位の時間が掛かりましたか?
    私が止まっていると勝手に思い込んでいるだけかも知れないので…。

    お願いします。

  9. admin より:

    >>eagleさんへ
    今日、Ubuntu8.10を新規でインストールし、Office2007のインストール作業を行ったところ、eagleさんと同じように、dotnet20のインストールで、初期化中で止まってしまいました。

    色々と試したところ、
    [アプリケーションの設定]で、既定の設定をWindows Vistaに設定した後、すぐにdotnet20のインストールを行ったところ、インストールが終わりました。

    なので、ライブラリの設定やdllファイルのファイル名を変更する前に試してみてください。これらの作業はOffice2007のインストールの準備なので、多少順序が変わっても問題ないはずです。

  10. eagle より:

    返信ありがとうございます。

    .NETのインストールも無事に完了し、その他の準備も終わったのですが、いざOfficeのインストールとなると、真ん中あたりで止まってしまいます。(IMJPKLMG.EXEを終了させた後です)
    何回か.wineを消しやり直したのですが、毎回止まってしまいます。

    原因は何なのでしょうか。

    お願いします。

  11. admin より:

    >>eagleさん
    昨日の作業の続きで、僕も同じように止まってしまいました。
    ターミナルで、rpcrt4絡みのエラーが出ていたので、
    rpcrt.dllを置き換えずに(msxml3もそのままにして、ライブラリの設定も変更せずに)インストールを行ったところ、正常にインストールできました。
    恐らく、記事を書いた時からwineのバージョンが上がったので、よりWindowsの環境に近づいたのかと思います。

    一度試してみて下さい。

  12. eagle より:

    返信ありがとうございます。

    教えていただいた通りにしてみたところ、全て上手く行きました。
    これからも参考にさせて頂きます。

    いままで何度も答えていただいて本当に有り難うございました。

  13. eagle より:

    すみません、もう一つだけ質問させてください。

    Wineのシステムフォントがおかしいのですが、直すにはどうしたらよいのでしょうか。
    なんだか丸い文字になっていて、使えないことはないのですが…。

  14. admin より:

    >>eagleさん
    恐らく、デフォルトのフォントが明朝になっているんだと思います。
    これは、Windowsアプリケーションが要求しているフォントをWineが用意できない場合に起こる現象です。
    Wineには、ライセンスの関係でMSゴシック等のフォントは用意されていないんです。

    なのでこの場合は、MS系のフォントを要求してきたら、IPAモナーフォントを表示するように置換すれば問題ありません。

    Ubuntu8.10だと、IPAモナーフォントが別ダウンロードとなっていたと思うので、Ubuntu日本語Remixサイトを参考に自分でインストールしておいてください。

    フォントの設定をするには、Wineのレジストリを設定する必要があります。
    Wineのレジストリを設定するには、2種類の方法があります。

    1つは、Windowsと同様にregedit.exeを使用する方法です。
    ~/.wine/drive_c/windows/regedit.exe
    とターミナルで実行すればWindowsと同様の作業でレジストリの設定が可能です。

    もう1つは、レジストリのファイルをエディタで直接変更する方法です。

    今回は、このもう1つの方法でフォントを置換します。

    詳しい方法は、

    以下のkakurasanさんが運営しているサイト

    『試験運用中なLinux備忘録』
    http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20070620/p1

    の”存在しないフォントの置換(IPAモナーフォントを使用)”

    を参照してください。
    そのサイトにある記述を、~/.wine/user.regの一番下に追記するだけです。

    以上の作業で、Wineの設定画面やOffice2007のメニューのフォントが変わるはずです。

    ちなみに、日本語入力がうまくいかない場合は、
    user.regに

    [Software\Wine\X11 Driver] 1129995218
    “ClientSideAntiAliasWithRender”=”N”
    “InputStyle”=”overthespot”

    を追記してみてください。

  15. eagle より:

    返信遅れました、すみません。

    またも分かりやすい説明有難うございます。
    無事、フォントがまともになりました。

    これからも宜しくお願いします。

  16. admin より:

    >>eagleさん
    こちらこそ、改めて記事にしようと思っていた部分に突込みが入ったので、嬉しかったです。
    wineでWindowsアプリを動かすこと自体が、まだまだ発展途上な段階です。その中で、eagleさんは、本当にUbuntuでOffice2007を使いたいんだなぁって思いました。

    wineに関しての記事は、むしろ他のブログの方が参考になると思います。
    是非調べてみてください。

    これからもよろしくお願いします。

  17. Naoki より:

    参考にさせていただいて、fedora10にOffice2007tをインストールしようとしています。このページの

    「3.Office2007をインストールする」

    まではスムーズにいったんですが、

    $ wine /media/OFFICE12/setup.exe

    を実行したところ、インストール画面が出る前に止まってしまいます。

    バックアップをとっていたrpcrt4.dllやmsxml3を戻したりしましたが、やっぱりダメでした。

    もし、原因がわかれば教えてください。

  18. Naoki より:

    すいません、一部間違えました。

    「3.Office2007をインストールする」

    の前まで、つまり、

    「2.Office2007のインストール環境を作成する」

    までは問題なく終わっています。

  19. admin より:

    >>Naokiさん
    最新のwineでは、インストール方法が少し変わりました。
    変更点は、
    1.インストール前の作業が必要なくなった
    2.wineのバージョン1.1.16以降はインストール出来なくなった
    ※ただし、1.1.16でOffice2007をインストールし、その後でwineを最新版に上げるのは可
    3.PowerPointを動作させる為には、riched20.dllとusp10.dllをオーバーライドの設定でNative(Windows)に設定する

    この3つです。
    まずは、wineの1.1.16をインストールしてみてください。

  20. eagle より:

    こんにちは。以前お世話になったEagleです。

    先日、最新のwineの.debパッケージをダウンロードし、そこからアップデートしてみました。

    アップデート自体は上手くいったのですが、「アプリケーション」からwineのメニューが消え、Officeも起動した途端落ちてしまいます。
    やはり1.1.16のまま使いつづけるしか方法はないのでしょうか。

    度々すみません。(というか、ずっとwineでOfficeを使いつづけているのも不思議ですね。Windowsとデュアルブートしているのに…。)

  21. admin より:

    >>eagleさん
    最近、僕がUbuntuを使う機会があまりなかったのですが、
    先日、Ubuntuを起動させ、wineのアップデートが来ていたので、アップデートしてみました。

    僕の環境では、問題なく使えています。
    使い込んだわけではありませんが、起動した途端に終了するような動きはありませんでした。

    うーん、どういうことなんでしょう。
    UbuntuをインストールしたPCが、職場PCなので、また動作を確認してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です