産婦人科の母親教室(後期)内容まとめ

こんにちは。ゆかです。妊娠34週目に産休に入り、時間的にも余裕ができて、ゆっくり過ごしています。

先日、母親教室(後期)に行ってきました。私の通っている産婦人科では、母親教室が前期と後期の2回開催されています。前期は妊娠初期の頃。妊娠中の栄養バランス、おっぱいのお手入れ、出産の大まかな流れの話をききました。そして、今回は母親教室(後期)に参加した記録です。

受付

母子手帳を提出して、着席。夫婦で参加している人たちもいました。立ち合い出産を希望するなら、旦那さんが必ず参加しないといけない産婦人科もあるようですね。ここは特にそのような制約もないので、私一人での参加です。

出産に向けて

出産の流れについては、母親教室(前期)のときより、具体的な話を聞くことができました。栄養バランスやおっぱいのお手入れについては、母親教室(前期)に参加していない人もいるので、前期とほぼ同じ内容でした。

入院準備について

何を準備すればいいか、気になっていたので知ることができて安心しました。これで入院準備もスムーズに進められます。意外にも病院で用意してもらえるものが多かったので、入院荷物も少なくすみそうです。

病院で用意してもらえるものリスト

私が入院する予定の病院では、次のものを用意してもらえることがわかりました。

  • 直後パッド(腰巻、T字帯、ナプキン)
  • ナプキン(S/M/Lサイズ)
  • 産褥ショーツ2枚
  • 骨盤ベルト(使い捨て)
  • スリッパ
  • 赤ちゃんのおしりふき
  • オムツ
  • 臍処置セット
  • 臍箱
  • バスタオル、フェイスタオルは1枚ずつ部屋においてある。さらに必要であれば持参する。
  • 入院中の赤ちゃんの肌着も用意してもらえる。
  • 用意されたオムツ、おしりふき、ナプキンを使い切ってしまった場合は、病院で追加で購入できる。あらかじめ予備を持参してもよい。

自分で準備するものリスト

次は、入院するまでに自分で用意しなければならないものです。

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 小銭
  • 筆記用具
  • 飲み物
  • タオル
  • 着替えのパジャマ
  • ショーツ
  • ブラジャー(ワイヤーなしが良い)
  • 母乳パットまたはフェイスタオル
  • 退院時の赤ちゃんの服
  • 洗面道具一式

あるとよいもの

  • 授乳クッション
  • 骨盤ベルト

出産までにしておかなければいけないこと

陣痛が来て、いよいよ出産!となる前に、やっておかなければならないことを教えてもらいました。次の2つです。

病院へ行くまでの交通手段の確保

日中一人でいるときや、夜間でも慌てないように、病院までの移動手段をあらかじめ家族と打ち合わせておきます。じゅんさんにも今は晩酌を控えてもらっています。

途中で何が起こるか分からないので、自分で車を運転するのは当然NGです。

指輪をあらかじめ外す

出産するときはアクセサリー類を外さないといけません。妊娠後期は浮腫みが出てきて、いざとなったときに外れないことがあるそうです。そうなってからでは遅いので、今のうちに外しておくと良いです。…ということで、外しました。(じゅんさんがちょっと寂しそうな目をしている

ネイルや化粧もダメです。爪や顔色で体調を判断するそうなので。

オムツについて

試供品のパンパースがもらえました。病院で用意されるのもパンパースだそうです。母親教室後、とりあえず、パンパースをいくつか購入しました。

合う、合わないもあるみたいなので、買い溜めせず、様子を見ながら他のメーカーも試してみたいと思います。

感想

入院準備の他にも、入院費、面会時間のことなどが早めに知れてよかったです。産婦人科によって違いが多いと思うので、このような機会があれば参加するといいですね!

ベビー用品の準備もほとんどできたし、あとは入院準備をすれば、準備万端です。そして、ついにベビー服の水通し。いわゆる、「世界一幸せな洗濯」もしちゃいました。ハンガーにかけながら、こんなに小さいんだと一人でニヤニヤ。干した後も、しばらく眺めてニヤニヤしてしまいました。

もうすぐ正期産。赤ちゃんに早く会いたい!という気持ちと、何もかもがはじめてなので、不安な気持ちと…。無事、元気に生まれてきてくれることを願います。

シェアしてください!

この記事に少しでも共感していただけたら、下のボタンよりシェアをお願いします。めちゃくちゃ喜びます。あなたのシェアが、ブログを続けるエネルギーになります。是非お願いします。

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

じゅん先生の嫁。嵐の大ファン。旦那の果てしない物欲と日々戦っている。